読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画メモ+日常

映画の感想やおすすめの映画を紹介

スポンサーリンク

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画メモ「100歳の少年と12通の手紙」感想

 

はじめに

Amazonプライム会員 になって、 プライムビデオが見放題になったものの、どの映画を見ようか悩む!そんな経験から、映画メモを残すことで映画選びの参考にしてもらえたらと思いました。(タイミングよって紹介した映画が見放題では無くなってることもあります)

 

 

 

(*゚∀゚)映画100歳の少年と12通の手紙(字幕版)を見ました

 

 

10歳の好奇心旺盛な少年オスカー(アミール)は、白血病を患い小児病棟に入院していた。彼は自分の病気について口を濁す両親や医師にいら立ち、特別扱いをされることにも飽き飽きしています。

 

 

ネタバレしない範囲で、 印象的だった場面の一部をメモ します

 

 f:id:MoviE:20160704170719j:plain

宅配ピザの配達に来たローズ(ミシェル・ラロック)のスーツは名前のとおり「ローズ」色

 

こんなピザ屋って!

 

 

f:id:MoviE:20160704171143j:plain

主人公オスカー(アミール)のマルコメ少年のような可愛らしい笑顔

 

 

 

 

f:id:MoviE:20160704171259j:plain

どこの国にもジャイアンみたいな子はいるもんだね

 

 

 

f:id:MoviE:20160704171414j:plain

病室のネームプレートが黒板

 

 

 

f:id:MoviE:20160704171506j:plain

得意料理は中華です、みたいな容姿の病院の夜勤の人

 

 

f:id:MoviE:20160704171543j:plain

サーカスっぽいプロレス

 

 

 

 

 100歳の少年と12通の手紙(字幕版)

2009年公開、ベストセラー小説「神さまとお話しした12通の手紙」の映画化

 

 

 【映画を見た あとがき】

 

(*゚∀゚)映画「アメリ」が好きな人は、この映画も気に入りそう!

 

 そんな世界観

 

 

余命わずかの少年に特別扱いしないというのは難しい

 

誰だって少しでも優しくしたいと思う

 

けれど、オスカーは特別扱いされることを望んでない 

 

ローズは他人だし、仕事として引き受けというのもあって、オスカーと上手に関われるのだろう

 

 

そして ローズがオスカーにはなす話は、見かけとは裏腹になかなか面白い

 

そこはやっぱり子育てを経験しているからか

 

 

院長の最後のセリフにハッとする

 

大事な人を亡くしたことのある人なら身に沁みる言葉だ

 

 

↓ ランキング参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです(´З`)


にほんブログ村

 

 

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク