読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画メモ+日常

映画の感想やおすすめの映画を紹介

スポンサーリンク

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画メモ「超高速!参勤交代」感想

 はじめに

Amazonプライム会員 になって、 プライムビデオが見放題になったものの、どの映画を見ようか悩む!そんな経験から、映画メモを残すことで映画選びの参考にしてもらえたらと思いました。(タイミングよって紹介した映画が見放題では無くなってることもあります)

 

 

(*゚∀゚)映画 超高速!参勤交代 を見ました

 

 あらすじ

 

江戸時代、8代将軍・徳川吉宗治世下の享保20年(1735年)。

貧乏でお金も無い磐城国の小藩・湯長谷藩。1年間の江戸での勤めを終えて湯長谷に帰国した直後、「5日のうちに再び参勤交代せよ」と命が下り慌てふためく。

時間も無いが、お金が無い!どうしよう!?走るしかない!

 

 

ネタバレしない範囲で、印象的だった場面の一部をメモします

 

 

 f:id:MoviE:20160630185922j:plain

浮世絵から飛び出てきたようなお殿様

 

八代将軍・徳川吉宗市川猿之助

 

 

f:id:MoviE:20160630185949j:plain

昔話に出てきそうな、性格が温厚で、ぽわーんとしたお殿様

 

小藩・磐城国湯長谷藩 藩主・内藤政醇(佐々木蔵之助)

 

f:id:MoviE:20160630190426j:plain

参勤交代の衣装のシマシマが可愛い

 

 

 

f:id:MoviE:20160630190508j:plain

忍者の跳躍力はこうでなきゃ!

 

このあたりの演出がなかなかよかった

 

 

 2016年9月に「超高速!参勤交代 リターンズ」の上映があります

 

 

超高速!参勤交代  

2014年公開、土橋 章宏の小説を映画化

 

【映画を見た あとがき】

 

(*゚∀゚)湯長谷藩(ゆながやはん)は福島県いわき市に藩庁を置いた藩

 

wikiによると参勤交代は「一日平均で6〜9時間を掛けて約30〜40km移動したが、旅行程に遅れが生じた場合は移動距離が50km近くに伸びることもあった」そうで、費用節約のために急ぎ足での移動が行われることも多々見られたそう

 

GOOGLE MAPで調べたところ福島県いわき市から東京まで徒歩で207km

 

現代の整備された道で1日50kmとしてそれで4日の日程なので、5日以内に江戸に来い、というのは実感はないけど、当時としてはなかなか厳しい条件なのかも

 

関所では「役人達は行列の人数や槍・弓などの装備をチェックし、その内容を幕府に報告していた」そうで、映画のなかでもその様子がコミカルに描かれている

 

そんなことは映画を見てから興味が出てちょっと調べたのだけれど、時代事情に疎くても楽しめるお笑い時代劇となっている

 

↓ ランキング参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです(´З`)


にほんブログ村

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク