読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画メモ+日常

映画の感想やおすすめの映画を紹介

スポンサーリンク

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画メモ「キツツキと雨」感想

 

はじめに

Amazonプライム会員 になって、 プライムビデオが見放題になったものの、どの映画を見ようか悩む!そんな経験から、映画メモを残すことで映画選びの参考にしてもらえたらと思いました。(タイミングよって紹介した映画が見放題では無くなってることもあります)

 

 

(*゚∀゚)映画「キツツキと雨 」を見ました

 

 

ある日、山村に現れた映画の撮影隊。

林業をしている岸克彦はひょんなことから撮影を手伝うことに。

 

 

ネタバレしない範囲で、印象的だった場面の一部をメモしたいと思います

 

 

 f:id:MoviE:20160730090952j:plain

手土産を持って行くときのマナーとして近場で買わない、ってのが好ましいもの

 

この助監督はちゃんと横浜で有名な月餅を持参してる

 

助監督の性格が垣間見れる

 

 

そして岸家の赤ポスト!

 

あの手のポストは街中ではもうあまり見ないかも

 

田舎らしい~

 

と思ったら、まだ販売されいた!

 

 

 

新品だとこんなに赤いのか

 

なかなかいいじゃないか!

 

意外とリーズナブルでびっくり

 

 

f:id:MoviE:20160730093127j:plain

 

 岸とその仕事仲間達のお昼の様子

 

彼らにはこれが日常なんだろうけど「丸太に腰かけてご飯を食べる」って、まるでおとぎ話の世界だ!

 

 

 

f:id:MoviE:20160905151035j:plain

目力がすごい岸の息子・浩一(高良健吾

 

その目はお父さん似だね

 

 目で語るところ多し!

 

f:id:MoviE:20160905151430j:plain

ワンマン電車・恵那~明智行き

 

駅は岩村駅

 

調べたら本当にこの路線があった!

 

明智鉄道線

 

「寝過ごすなよ、五十分逃したらもう無いでな」

 

という岸のセリフに田舎の人の気遣いが感じられる

 

そして会話からすると、もう少し電車を待つんじゃなかったのかな、、、と思うくらいはやく電車がやってくる

 

んー?

 

そしたら、待っているホームに「明智方面のりば」とあって、反対方向に行く電車が来たのだとわかった

 

なるほど!

 

 

キツツキと雨

2012年公開、舞台は岐阜

 

 

【映画を見た あとがき】

 

(*゚∀゚)監督は当初、奈良で撮影をしようと考えていましたが、林業が廃れてる感が少ないということで岐阜にしたそうです

 

岐阜の人が聞いたら気を悪くしそうだけど、この映画には必要な要素かと

 

そんな岐阜の田舎が舞台の話しで、岐阜の方言を話す役所広司さんのおじさんっぷりがなんとも言えない!

 

岸が言葉どうりに物事を受け取め、あっちへこっちへ疾走する姿はとても可笑しくて、愛おしくもある

 

岸は不器用だと思うのだけれど、不思議と相手と心が通じ合う

 

それは岸がいつも真剣だからだろうか

 

どちらかというと岸の好奇心が自然とそうさせるのだろう

 

コミュニケーション下手でも、一生懸命だったら伝わるものなのかも

  

 

↓ ランキング参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです(´З`)


にほんブログ村  

 

 

 

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク