読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画メモ+日常

映画の感想やおすすめの映画を紹介

スポンサーリンク

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

映画メモ「プラダを着た悪魔」 感想

 

はじめに

Amazonプライム会員 になって、 プライムビデオが見放題になったものの、どの映画を見ようか悩む!そんな経験から、映画メモを残すことで映画選びの参考にしてもらえたらと思いました。(タイミングよって紹介した映画が見放題では無くなってることもあります)

 

 

 

(*゚∀゚)映画「プラダを着た悪魔 (字幕版) 」を見ました

 

 

編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダのアシスタントに就職したアンドレアだが、その仕事は超ハードだった、、、

 

 

ネタバレしない範囲で、印象に残った場面の一部をメモしたいと思います

 

 

f:id:MoviE:20161019153908j:plain

第1アシスタントのエミリーを演じるのは本名もエミリーなエミリー・ブラント

 

世紀末っぽいファッション!

 

モードすぎて、ファッション業界を若干ディスってる感じさえある

 

 

エミリーには「細い」ことが大事で、ダイエットに躍起になってる

 

そんな彼女が数年後に、アクション映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でマッチョな女軍人を演じ、トムクルーズと一緒に戦っているとは信じられない!

 

 

f:id:MoviE:20161019154035j:plain

主人公アンドレア(アンハサウェイ)

 

ファッションがどんどんお洒落になっていく

 

ちゃんと途中に、ベージュのニットで「やや垢抜け感」の段階を踏んでいるところがよかった

 

アンドレアの意識が変わりつつあるんだなってことがわかる

 

でも、それくらいじゃ駄目という厳しい現実もリアルでよかった

 

 

着せ替え人形のように衣装が変るのは見ていて楽しい

 

衣装を手掛けたのは「セックス・アンド・ザ・シティ」でお馴染みのパトリシア・フィールド

 

シンプルなデザインに、華やかさがプラスされていて流石のスタイリング

 

素敵だと思う

 

f:id:MoviE:20161019154204j:plain

アンドレアの上司ミランダ(メリルストリープ)

 

「見るに堪えない」顔

 

みんながミランダの顔色を息を殺して伺っているところに、こんな顔するから笑ってしまう!

 

 

小説を映画化したこの作品

 

 著者のワイズバーガー自身も主人公と同様、ファッション雑誌「ヴォーグ」で編集長アシスタントをしていた経歴を持つ

 

 「ヴォーグ」の編集長アナ・ウィンターが作中に登場する編集長のモデルであるという噂があるけれど、噂じゃないと思う!

 

アナ・ウィンターのドキュメンタリーを見ればわかります。。。

 

 

ファッションが教えてくれること 

 

著者はその噂を否定していますけど(そりゃそうでしょう)

 

 

 

f:id:MoviE:20161019154248j:plain

 

ナイジェル(スタンリー・トゥッチ)は主人公アンドレアを助けてくれるキーパーソン

 

ネクタイ使いがお洒落~!

 

ファッション業界の人!らしい感じがするけれど、派手すぎていない

 

オフィスでのニットスタイルは、おじさんサラリーマンに真似して頂きたい

 

同じように着こなせば、ダンディになること間違いなし!

 

 

 

 プラダを着た悪魔 (字幕版)

 2006年公開、舞台はニューヨーク

 

 

【映画を見た あとがき】 ここからネタバレが含まれる場合があります

 

(*゚∀゚)この映画を見た後で、ファッション誌で働くことを素敵と思うかどうか、見る人によって見え方が違うのだろうと思います

 

ファッション業界大好きなエミリーと、この業界に執着の無い主人公アンドレアの働き方にどんどん差が出てくるところもよかったです

 

アンドレアの働き方は、安野モヨコの「働きマン 」と同じものを感じました

 

とにかく目先の仕事に集中する

 

エミリーの方がいろいろ段取をして優秀に見えるんだけど、ダイエットを優先したために肝心なところで体調を崩してしまうとか、イマイチ仕事に集中できていないことがわかります

 

それに比べてアンドレアは仕事のクオリティをどんどん上げていきます

 

自分一人でできないことは「人に頼る」という術にも長けいて、

 

ナイジェルに取り入る場面では大きな転換を迎えます

 

その方法に賛否はあるだろうけど、アンドレアはミランダが求める仕事ぶりを見せています

 

それが重要

 

アンドレアはきっと、どこの業界でも活躍することが出来る人

  

 

アンドレアの言動には問題があるけれど、でも新人の頃はみんな失言が多いものだし、アンドレアが「ファッションに興味のない一般人の意見」をファッション業界にぶつてけるところもいいと思います

 

でも私はアンドレアを心から応援はできません

 

なぜならアンドレアはこの仕事を好きでは無いから

 

アンドレアにとってこの仕事は次へのステップに過ぎないのです

 

 

 

そりゃ、ファッション誌命なエミリーは面白くないよね

 

私はエミリーのほうが好き

 

本当にこの業界が好きで働いているんだな、と感じるから

 

エミリーにはとにかくこの業界で働いていることが重要で、

 

エミリーがこの職を失いたくなくて必死に働く姿に、ちょっと笑ってしまうけど

 

でもそんな風に思える仕事に就けてるって幸せなことなんじゃないかな、と思うのです

 

↓ ランキング参加しています。クリックしていただけたら嬉しいです(´З`)


にほんブログ村  

 

 

 

 

 

広告を非表示にする
スポンサーリンク