読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画メモ+日常

映画の感想やおすすめの映画を紹介

スポンサーリンク

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

「東京タラレバ娘」に出てくる奥田の映画紹介がマニアック!?彼が倫子におすすめした映画はコレです!

(*゚∀゚)漫画が原作の「東京タラレバ娘」がドラマ化され、話題になっています

 

 

 東京タラレバ娘(3)

 

もともとアラフォーの独身女性の間で話題の漫画でしたが、ドラマ化によりますます話題になっています

 

その「東京タラレバ娘」で映画が大好きで詳しい男性・奥田が3巻から出てきます

 

奥田は趣味を活かして「映画バー」を経営しています

 

その彼が映画について語るのですが、もう笑ってしまうくらい生活が映画と密接につながっています

 

映画好きなら楽しい会話も、度がすぎると地獄!

 

そんな奥田がおすすめする映画を紹介します

 

このヘアスタイルはアンディ・マクダウェルだから似合うんじゃない?

 

 

グリーン・カード 

舞台はニューヨーク。園芸家のブロンディ(アンディ・マクダウェル)は温室つきアパートの居住者になるために、フランス人ジョージ(ジェラール・ドパルデュー)はアメリカでの労働許可証グリーンカード」を手に入れるために偽装結婚をする

 

 (*゚∀゚) 25年程前の映画です!

1980年代にヴォーグなどでモデルとして活躍したアンディ・マクダウェル

美人設定の役柄も多く、確かにその髪型はアンディ・マクダウェルだからこそ素敵に見えるのかも

奥田の好きなシーンも要チエックです!

 

 

クリームブリュレと言えばコレ!食べるときに真似したくなる映画

 

 

 アメリ

アメリはモンマルトルのカフェで働きながら、日々空想にふけることが日課。

ある日あることがきっかけで、アメリは人を喜ばせることに目覚めます。

そして持ち前の空想癖を活かして、人々を幸せへと誘おうとしていきます。

 

(*゚∀゚) この映画でクリームブリュレが流行りました

アメリの真似をして、スプーンでトントンとクリームブリュレを叩く女性が続出

アメリのキュートさに魅了された人も多く、演じたオドレイ・トトゥの名を知らしめました

今でも根強いファンがいる作品です

 

 

雨で連想する映画

 

 

雨に唄えば 

ハリウッドの人気スター、ドンとリーナは10本を超える作品に共演する名コンビ

世間も彼らの結婚は間近と思っていましたが、、、

 

(*゚∀゚) デパートでも雨が降っていることを社員に知らせるために、この曲を流すところもあります

音楽は知っていても映画を見たことが無い方も多いのではないかと思います

雨の中で歌って踊り出したくなる映画です 

 

 

材料さえそろえばベトナム料理はけっこう簡単だとわかる映画

 

 

 青いパパイヤの香り

1951年ベトナムサイゴン

浪費家の家長の家に雇われ、田舎から奉公にやってきたムイは10歳の少女を描きます

 

(*゚∀゚) 「青いパパイヤの香り」に出てくるサラダは要チエックです!

映像が美しいことで話題になり、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされるなど、評価も高い映画です 

 

奥田が料理をするきっかけになった映画

 

 

 マーサの幸せレシピ

ハンブルクで料理人として店を切り盛りするマーサ。料理の腕はかなりのもの。

新しく来た料理人のマリオをライバル視しますが、次第に交流を深めていきます

 

 (*゚∀゚) 漫画で明らかにはされていませんが、奥田が料理をするきっかけになった映画は「マーサの幸せレシピ」だと思います

 

ハリウッドでリメイクされている、主演キャサリン・ゼタ=ジョーンズの「幸せのレシピ」ではなく、あえて「マーサの幸せレシピ」なのが奥田らしいチョイスだと感じます

 

エッグベネディクトが食べたくなる映画!

 

 

 somewhere

ハリウッドの映画スター、ジョニー・マルコ。高級ホテルに暮らし、華やかなスターの生活を送っているように見えるのですが、心が満たされな日々を送っています。

ある日、別れた妻のもとで暮らしている娘のクレオがやってきて、母親がしばらく家を空けている間だけ一緒に過ごすことになります。マルコは忘れていた何かを取り戻していきます。

 

 (*゚∀゚) 11歳の娘が父親のために朝食としてエッグベネディクトを作ります!

映画の中で紹介される料理ってなんだか美味しそうに見えるものですよね

大人びいた娘、セレブの生活、大きな事件は起きないけれど彼らの日常に驚きを感じます。

ソフィア・コッポラ監督の映画で、セレブの子供として育ってきたからこそ描けた映画だと絶賛。第67回ヴェネツィア国際映画祭では金獅子賞を受賞しました。

 

 

倫子にウケの悪かった映画

 

 

ダークナイト 

アメリカン・コミック『バットマン』を原作とした実写映画作品

バッドマンは引退を考えていますが、そんなときジョーカーがバットマンが正体を明らかにしない限り、人々を殺し続けると脅迫してきます

 

  (*゚∀゚) 奥田がうれしそうに解説している様子と反対に、倫子の気持ちが荒れ狂ってるところが最高です

ジョーカー役のヒース・レジャーが公開前に死去したこともあり、話題になった映画です

 

まとめ

 

 奥田がおすすめした映画が、どんな映画なのかわかると「東京タラレバ娘」をより楽しむことができると思います

 

アンディ・マクダウェルのヘアスタイルだけでもぜひチエックしてみてください

 

よかったら奥田おすすめ映画をご覧ください!

 

スポンサーリンク